新しい矯正方法

インプラント矯正を行う場合、一般的な矯正歯科であるワイヤー矯正とはまた違った点に注意をしなければいけません。

この方法では矯正用のインプラントを固定源として利用することで、より確実に歯並びの矯正ができるようになっています。
その結果として、治療期間の大幅な短縮が実現し、その効果も高くなっています。
治療期間に関しては場合によっては通常の半分程度になることもあるため、矯正期間の長さがネックである矯正歯科においては非常に有利に働きます。

しかし、こういったメリットがある一方で、インプラント矯正ならではのデメリットもあります。
まず、この方法は新しいものであるため、対応している歯科医院が少ないです。
対応している歯科医院は増えてはいますが、まだ十分と言えるほど普及しているわけではありません。
埋め込むための手術が必要であるということもデメリットです。
手術は時間もかかりますし、費用もかかります。
また、インプラント自体が高価であるため、その分も費用に加算されます。

現状ではデメリットが目立つ部分もありますが、効果が高く今後の改善も予想できるため、新しい方法として注目されています。