医療費控除に注意

一般的に矯正歯科は、歯科医師からの打診によって行われます。
その際、歯科医師はこのままでは生活に支障が出ると判断したものに対して矯正を勧めます。
これに対して、審美歯科の観点から矯正を行う場合、自分の意思で行うことができます。
というのも、一般歯科の場合は医療行為を優先にしているため、行う理由がなければ請け負うことができません。
しかし、審美歯科の場合は美容の観点からも治療を行うため、見た目の改善という理由だけでも矯正を行うことができます。

審美歯科での矯正歯科の場合、一般歯科の場合とは違った部分で注意をしなければいけません。
それが、医療費控除です。
医療費控除は1年間での医療費が一定額を超えた場合、規定の金額以上は払わなくてもいいという制度です。
主に高額医療に対して申請されるもので、一般的な歯科治療であれば問題なく申請することができます。
しかし、これが審美歯科になると話は変わります。
この場合は自身の美容を目的として利用しているため、この申請がおりないことが多いです。
インプラント矯正の場合は治療費が非常に高額になるため、美容目的で利用する場合は注意が必要です。