矯正の方法

矯正歯科にはさまざまな方法がありますが、最も一般的に行われているのはワイヤー矯正という方法です。
この方法では歯にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して歯並びを整えます。
単に「矯正」とだけ言われた場合には、このワイヤー矯正を指します。

ワイヤー矯正は最も一般的な方法であるため、どの歯科医院でも行うことができ、また実績も十分なので安心して矯正を行えます。
治療期間は患者の歯の状態によっても変わるものですが、比較的短くすむ場合が多いです。
しかし、当然ながらワイヤー矯正にもデメリットがあります。
最も大きなデメリットは、一時的に見た目が悪くなることです。
通常の矯正装置は歯に装着すると目立ちますし、目立ちにくい装置を使ったとしても完全に隠すということはできません。
女性はこの理由で矯正を敬遠している人が多いです。
また、矯正中は器具を装着している関係から虫歯になりやすいため、注意深くケアを行う必要もあります。

こういった一時的な要素を克服できれば、歯並びを矯正する意味は大いにあります。